2006.2.19更新 東海自然歩道ぶらり一人歩き
 HomeBack 本線1山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6鉄道掲示板 
(西の起点編) 5. エキスポ'90 箕面記念の森  2006.2.19
政の茶屋〜エキスポ'90 箕面記念の森〜政の茶屋 6Km 2時間 10,652歩
政の茶屋11:10〜長谷橋11:20〜箕面記念の森11:50〜天上ヶ岳分岐12:35〜政の茶屋13:00
<交通> (往復) 自宅 〜 政の茶屋(マイカー)


あいにくどんよりとした曇り空だったが、政の茶屋〜エキスポ'90箕面記念の森を周回する遊歩道6Kmのミニ・コースの散策で、ここちよい汗を流した。


早春の自然研究路7号線をゆく



週の半ばは春めいた陽気だったが週末は相変わらず寒い。今回はエキスポ'90箕面記念の森の散策を中心に、自然研究路7号線、3号線を歩くコースとした。

ぐずぐずして朝が遅くなり、10時半近くに自宅を出発。いつものように政の茶屋の無料駐車場に車を置いて、11時にウォーキングをスタート。
おおさか環状自然歩道をたよりに出発 箕面川ダムの湖畔を歩く

自然研究路3号線から箕面川ダム堰堤に上がり、ダム湖畔道路を歩く。さすがに二度目となる道だと、あっという間に長谷橋に到着。バードウォッチングの人たちの間をすり抜け、自然研究路7号線へ入る。
バードウォッチングの人たち(長谷橋) 自然研究路7号線に入る
歩きやすい階段を登る 箕面記念の森に合流

歩きやすく、よく整備された遊歩道の階段を登っていく。7号線に入って30分ほどで、箕面記念の森公園に到着。小高い丘の上の展望台をめざし、公園を散策する。
森の小高い丘にある展望台 展望台から見る六甲山
360度の展望(左が六甲山)

木製のがっしりとした構造の展望台の階段を登り、最後ははしごを登りきると、見晴らしのよい展望台頂上に出た。あいにくの曇り空だったが、南は大阪、西は六甲山、北は能勢方面の山々がよく見えた。

展望台を降りると回廊になった「花の谷」に出る。芝生広場やトイレ、休憩所などが完備されていて、ピクニックには最適のようだ。シーズンオフとはいえ、家族連れできている人も見かけた。公園入口の駐車場まで戻り、公園をあとにした。
花の谷の回遊路 箕面記念の森入口
車道から再び山道へ 自然研究路2号線分岐

公園を出てしばらくは、自動車道を五月山方面目指して歩く。15分ほど道路を歩くと、政の茶屋方面を示した道標があり、再び山の中へ入る。

ここから天上ヶ岳分岐、自然研究路2号線合流までは前回歩いたコースのため、気楽に歩けた。今回は3号線を下り、政の茶屋園地の裏にでて、箕面自然教室(ビジターセンター)から車を駐車している無料駐車場へ。
ひたすら下るのみ 自然研究路3号線
政の茶屋園地終点付近 箕面自然教室(ビジターセンター)

2時間足らずの山歩きだが、遊歩道が主体のよく整備されて歩きやすいコースだった。箕面自然教室にも立寄った後、帰路についた。

さほどきつい登りが続くというわけでもなく、適度にアップダウンがあり、森林浴や尾根歩きをを楽しめる足慣らしというには贅沢なコースだ。

 HomeBack 本線1山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6鉄道掲示板 
東海自然歩道ぶらり一人歩き>>西の起点・箕面編>>5.箕面記念の森