2006.2.5更新 東海自然歩道ぶらり一人歩き
 HomeBackNext 本線1山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6鉄道掲示板 
(西の起点編) 4. ようらく台園地  2006.2.5
箕面〜ようらく台園地〜箕面 11Km 3.5時間 19,391歩
箕面駅前11:45〜ようらく台園地13:20〜天上ヶ岳13:55〜百年橋14:25〜箕面駅前15:10
<交通> (往復) 自宅 〜 箕面駅前市民駐車場 (マイカー)


ときおり粉雪が舞い散る中、早春を思わせる快晴の陽射しを浴びて、箕面駅〜ようらく台園地〜天上ヶ岳を経る周回コースを散策した。


天上ヶ岳から大阪平野を望む



立春が過ぎたというのに寒波の影響で、相変わらず寒い。今回は箕面から五月山方面へ歩いて「ようらく台園地」から、前回、道を間違えて歩けなかった天上ヶ岳〜自然研究路2号線を歩くコースとした。

箕面ドライブウェイが凍結しており、やむなく箕面駅前の市営駐車場(有料)に車を停め、滝道を歩く。滝道をすぐにそれて、桜広場から野口英雄像を経て落合谷に出るコースを選ぶ。
桜広場へと向う階段(左) 15分ほどで桜広場に到着

野口英雄像から先に道はなく、結局再び滝道へ下り、五月山の道標を左折してトンネルをくぐり落合谷にでた。
木洩れ日を浴びながら歩く 滝道からそれてトンネルをくぐる

粉砂糖のような雪が残る渓流沿いのゆるやかな山道を登っていく。適度に道標が整備されており歩きやすい。
雪が残る山道を登る 分岐点には親切な道標が
五月山をめざす 歩きやすい尾根道

30分ほどでベンチのある広場にでた。ここからは尾根づたいに歩きやすい平坦な道になる。粉雪が空から舞ってきた。

さらに30分ほどで「ようらく台園地」と書いたポストが現れ、東屋に到着。おにぎり2コの軽い昼食をとり、すぐに出発した。
ようらく台園地へ到着 最初のあずま屋には先客がいた
箕面川ダム方向へすすむ 再び山道へ

すぐに五月山ドライブウェイにでた。ほとんど車も通らない道路の端を歩き、箕面川ダムの方向へ向い、再び山道へ入る。

しばらくはゆるい登りが続き、やがて周りが開けて見晴らしのよい分岐点にでた。まずは右折して天上ヶ岳へと向う。5分ほどで山伏の像がある山頂にでた。
ここも歩きやすい尾根 天上ヶ岳頂上へ寄り道
360度の展望(正面は鉢伏山)

分岐点に引き返し、政の茶屋へと向う。しばらくは急な下り坂が続き、慎重に歩いたが、やがて平坦な山道となり、あっという間に百年橋への分岐にでた。

15分ほどほとんど下りばかりの山道を歩き、最後は長い石の階段を下ると箕面ドライブウェイにでた。
木々の間からも展望できる ここから自然研究路2号線
ようやく眼下にドライブウェイが ドライブウェイから滝道へ下る

ドライブウェイから箕面大滝へと下り、滝道をひたすら箕面駅へとむかう。今回のコースも適度な登り下りがあり、よく整備された歩きやすい山道だった。気温が低く粉雪も舞っていたが、何人ものハイカーとすれ違った。人気あるコースなのだろう。

 HomeBackNext 本線1山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6鉄道掲示板 
東海自然歩道ぶらり一人歩き>>西の起点・箕面編>>4.ようらく台園地