2007.7.16更新 東海自然歩道ぶらり一人歩き
 HomeetcBackNext 本線1山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道 
(番外編) 3. 高尾山ゴール  2007.5.19
高尾山山頂〜高尾山口 3.5時間 
11:55高尾山山頂13:45〜東海自然歩道・東の起点15:30
<交通> (往)千里中央23:30 〜 新宿西口 6:30(阪急高速バス8550円)〜 
京王新宿〜北野7:36〜7:46(京王350円)高尾8:01〜8:10相模湖=高尾山山頂11:55
(復) 高尾山口19:52 〜 新宿20:43(京王370円) (泊)
 羽田空港12:30〜13:30大阪空港(JAL10400円)〜千里中央14:10(モノレール320円)


インターネットで知り合った同好の方から一緒にゴールを、とのお誘いや、高尾山でゴールのお出迎えをと、ありがたいサポーターのみなさんのお声かけもあり、フィナーレにふさわしい一大イベントとなった。(相模湖から高尾山までは、"関東編>本線6>80高尾山コース"参照)


東海自然歩道・東の起点



東海自然歩道・膝栗毛のオフ会に参加させてもらったことから、高尾山のゴールをめざすお仲間3組と同じ日にゴールするお誘いメールをいただいた。

高尾山山頂付近でお昼頃に落ち合うというアバウトな約束で、各自それぞれのペースで歩く計画だ。また、関東に在住の方からは、史上初の3組同日踏破ゴールのお出迎えいただけるとの連絡も。ミニオフ会のようなイベントとなり、体調万全を期してその日に備えることにした。
高尾山頂に無事到着 599m二等三角点

高尾山山頂に12時前に到着したときには、すでにお出迎えのNさん、大阪からゴールのAさんご夫妻が到着されていた。再会とゴールの祝福を受け、早速記念写真タイムとなった。とも爺さん作のプラカードに本日のゴール日付を書き込み、大勢のハイカーが見る前で、何度も記念写真を撮っていただいた。

屋根のあるベンチで乾杯のあと、楽しい語らいで時間をすごし、最後に到着予定の、のぶさんを待つことに。3組無事到着してふたたび記念撮影。
とも爺さんお手製のプラカードを手に記念撮影 お出迎え、同時ゴールのみなさん

ゴールした3組4名、お出迎えの4名の方々と楽しい語らいの時間を過ごした。山頂にある高尾山ビジターセンターに立ち寄り、高尾山の自然について学習。
高尾山の山頂広場 自然がいっぱいの案内板
ビジターセンターを見学 靴を脱いで見学する

2時前に山頂を出発、東海自然歩道案内板のある東の起点・高尾山口までのラストウォークを楽しんだ。
立派な薬王院 からす天狗の銅像
山門の柱にも 小天狗と大天狗

高尾山・薬王院の立派な建物や天狗の像に感心しながら、ゆっくりとしたペースで談笑しながらくだる。
おみやげ物屋さん 各種お守りも充実
思わず立ち寄りたくなるお店 紙細工の食べ物サンプル

都会から近い有名な行楽地だけあって、売店やおみやげ物屋さんも充実していた。店先の変わったお土産や食事メニューに足を止めながら観光気分で歩く。
新緑がまぶしい遊歩道 語らいながらのラストウォーク
展望台から八王子方面を望む 意外と急な石畳が続く

見晴らし台や夏季営業のビアガーデンを横目に長い坂を下る。とても東京都とは思えない山深い遊歩道だ。
15:30ようやく東海自然歩道・東の起点に到着。ここでも記念撮影タイムとなった。
同日ゴールの3組4名 記念撮影風景を記念撮影
起点の案内板 東海自然歩道の解説

登山口広場で差し入れにいただいた手作りビールで再び乾杯のあと、再会を誓って高尾山をあとにした。

歩き始めた時はとても踏破など夢のまた夢と思っていたが、一歩一歩の積み重ねや同好の方々の応援によってこの日を迎えることができた。歩いていなければ知り合うこともなかった方々と、ともにゴールの喜びを味わうことができ、感慨もひとしおだった。
 HomeetcBackNext 本線1山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道 
東海自然歩道ぶらり一人歩き>>番外編>>3.高尾山ゴール