2006.11.30更新 東海自然歩道ぶらり一人歩き
 Home本線6BackNext 本線1山野辺本線2−3本線4恵那本線5静岡BP鉄道路線バス 
(本線ルート6) 79.相模湖 西野々〜相模湖
西野々〜相模湖 15Km 7.5時間 27,273歩
西野々7:30〜石砂山9:25〜篠原10:20〜11:35石老山11:50〜
顕鏡寺12:30〜鼠坂13:35〜嵐山14:35〜JR相模湖駅15:35
<交通> (往)千里中央21:39〜大阪駅桜橋口22:20〜 6:00(JRハイウェイバス8230円)町田BC
町田6:18 〜(JR210円)橋本6:53 〜(神奈中バス420円)三ヶ木7:40〜西野々7:59(神奈中バス310円)
(復) 相模湖16:00 〜 八王子16:20 〜 16:55町田(JR570円) (泊)


    相模湖めざし、意外と険しい登りのハイキングコースを堪能した


亀見橋から美しい道志川の眺め



今年中に丹沢を越えておきたいため、これまで日帰単発をポリシーとして歩いてきたが、今回はぶらり一人歩き初のホテル泊、2コース連続歩きに挑戦、1日目は足慣らしのために西野々から相模湖まで、2日目に神ノ川入口から西野々までの丹沢縦走を計画。(2日目の行程は前ページ参照)

ただし、できるだけ日帰りっぽくするため、初日の前夜に大阪駅前から夜行バスで移動し、1日目を歩いたあとにJR横浜線町田駅前のビジネスホテルに泊まり、2日目も電車バスで出陣というトリッキーな行程とした。
今回はJR高速バスで町田へとむかう 平日は結構本数がある三ヶ木からの月夜野行き

夜半の雨の東名高速をひた走り、まだ夜も明けきらない6時前に町田バスセンターにバスが到着した。平日とあって出勤の人たちに混じり橋本までJRで移動。橋本駅北口から三ヶ木経由で月夜野行きバスに乗り込む。
本日の出発地点「西野々」バス停 バカンス村の看板で右折

8時前に西野々バス停に到着。雨はあがったものの朝霧がたちこめる道志川をめざして歩き始めた。

東海自然歩道の指導標に従い、石砂山への登り口へとむかう。細い路地からすぐに山道となり、じんわりと汗をかいてくる。
雨もあがり晴天が期待される 指導標に従い路地を登っていく
庚申塚で道を間違える(左が正解) 紛らわしい朽ちた古い指導標

しばらく歩くと庚申塚があり、その先で道が分かれていた。よくみると朽ちた指導標が指していた右へすすむが、道は下りだんだんと険しくなる。とうとう進めなくなったので引き返し、今度は左へ向うと、東海自然歩道の表示があった。

意外と険しいのぼりが続き、ゆっくりマイペースで登る。いったん緩やかな道になるが、最後に階段があり、ようやく石砂山山頂へと到着した。
最後の階段を登ると ようやく石砂山山頂へ到着
秋色の山道を気持ちよく歩く 石砂山登山口へ降り立つ

平日の早朝とあって誰もおらず、少し休憩したあと下山。下りも厳しい山道だ。20分ほどで民家の前に下りてきた。集落の中を歩いていくと広い道にでて、篠原のバス停前にでた。

再び民家の間の小道を登っていく。今度は石老山へののぼりだ。あぜ道のような小道から再び山道へと入る。こちらも石砂山に劣らず、意外と厳しい登りが続く。
今度は石老山へとむかう 見落としそうな蔦で覆われた指導標
頂上と紛らわしい途中の祠 人気のコースだけに平日でも団体さんが

途中祠のある休憩所に到着し、小休止。その後一旦は緩やかになり、右手の山並の間からうっすらと富士山の姿が確認できた。こちらも最後ののぼりは階段で長く続き、ようやく頂上付近に到着した。

反対方向から登ってきた中高年のグループに混じって昼食タイムとした。昼食後、そこそこに出発した。下りも険しい階段や坂道が続くが、眼下に相模湖が見え始め、見晴らし台で一息いれる。
石老山で昼食タイム 相模湖を見ながら下る
巨岩・奇岩の連続 趣のある顕鏡寺に到着

顕鏡寺まで巨岩の間を歩きにくい下りが続く。最初は巨岩のいわれや説明のある立て札を読みながら歩いていたが、限りりなく続くので、全部は見ておれない。足元に注意してどんどんと下っていく。石畳に苔が生えており、すべりやすい。ようやく顕鏡寺境内まで下り終え、一息いれる。

このあと少しくだると病院の横にでて、車道へでた。しばらくは住宅街や畑のそばの道を歩き、やがて車止めの林道入口へ分岐する。裏向けの指導標があり、林道へと入り、車も人も通らない静かな林道をのんびりと歩く。
裏返しの指導標に従い車止めを跨ぐ 指導標をたよりに住宅地を通過
目のつく高さにある指導表 鼠坂付近

指導標をたよりに街中を歩き、細い路地から歩道橋を歩くようガイドされる。このあたりが鼠坂らしい。遠目にピクニックランドの観覧車が見える。遊園地の駐車場横の細い路地を歩き、山道へと入る。

本日最後の登りである嵐山へとむかうが、なぜか山道がどんどんと下っていく。ずり落ちそうな崖にわずかにそれとわかる程度の道もあり、おそるおそる通り、川を渡ると今度は登りとなる。
相模湖ピクニックランド横を通過 嵐山というだけに竹林が
ようやく嵐山山頂に到着 眼下にせまる相模湖

日中でも薄暗い森の中を登り、はるか眼前にそびえる山に電波塔が見えはじめ、がまんののぼりを続けると、ようやく山頂広場にでた。眼下には相模湖や街並が見え、救われる気分だ。

初日は足慣らしのつもりでこのコースを選んだが、意外と険しい上り下りが続き、けっこう足にはこたえるコースだった。なんとか下り終えて相模湖ダムの前に到着し、自然歩道ルートを離脱して駅へと向った。   
ここで自然歩道を離脱 相模湖ダムを見ながら橋を渡る
とうとう相模湖まできた 東京行きで八王子乗換え町田へ向う

すでに日が傾きはじめ、夕陽となっていた。15:35無事、駅へ到着した。16:00発の東京行き中央線で八王子まで行き、横浜線で本日の宿泊地、町田へと向った。

ホテルには17時丁度にチェックイン。一息ついてから、街にでて夕食と明日の朝食、昼食の買出に。ホテルに戻り、長く湯船につかって疲れをいやす。明日の丹沢に備え、20:30には消灯。夜行バスの疲れもあってすぐに眠りについた。狭いビジネスホテルがこんなにもくつろげる場所になることもあるのかと初めて実感した。

 Home本線6BackNext 本線1山野辺本線2−3本線4恵那本線5静岡BP鉄道路線バス 
東海自然歩道ぶらり一人歩き>>本線ルート6>>79.相模湖