2004.7.2更新 東海自然歩道ぶらり一人歩き
 Home | 本線ルート2−3 | Back | Next 本線ルート1 | 山野辺ルート | 鉄道 | 掲示板 
(本線ルート3) 35.西藤原 西藤原〜川原
西藤原〜養鱒場〜変電所〜川原 16Km 4.5時間 30,748歩
西藤原9:14〜聖宝寺9:40〜養鱒場10:20〜変電所12:17〜川原12:50〜(昼食)13:10〜東林寺13:50〜川原14:00
<交通>(往)千里中央5:26〜 難波6:00(390円)〜 近鉄富田8:11(近鉄乗車券1500円+特急券1560円)
近鉄富田8:11〜 西藤原9:14(三岐鉄道500円)
(復)川原15:23〜 阿下喜15:43(三重交通バス440円)16:10〜桑名駅前17:25(三重交通バス660円)
桑名17:25〜難波19:34(乗車券1500円+特急券1560円)〜 千里中央(390円)


梅雨のじめじめとした雨の日が続いていたが、日曜日はなんとか曇りの天気予報となっていたので、でかけることにした。自宅からどんどん遠くなり、帰路に時間がかかるために思い切って朝5時に家をでた。


藤原岳を背に田んぼのあぜ道をすすむ



近鉄の始発特急名古屋行きに乗り、津で四日市に停車する特急に乗換え、さらに四日市から急行で富田へ、富田から三岐鉄道に乗換え終点の西藤原へむかった。
機関車形の駅舎の西藤原へは9時すぎに到着した。自宅をでてから4時間が経過していた。
西藤原のホームに停車中のカラフルな電車 機関車型のしゃれた西藤原駅
藤原岳登山道との分岐 神武神社の裏から聖宝寺へむかう

どんよりと曇った中を西藤原駅を後にし、藤原岳登山道とわかれ、聖宝寺へとむかった。東海自然歩道の標識をたよりにすすむと、やがて神武神社に到着し、ここから250段の階段を上っていくと聖宝寺に到着。境内のすぐ裏手の鳴谷滝を見学したのち、先へと進む。

曇っているものの大変蒸し暑く、足取りも重かった。薄暗い森の中を抜けてやがて集落の中にでた。標識にまどわされてやや遠回りをしたが、水田のそばの農道を進んでいった。

聖宝寺境内すぐ裏手の鳴谷滝 水田の中の平坦な道路を進む
養鱒場裏手にでた ひまわり、あじさいを見ながら進む

養鱒場へむかう山道は薄暗く、しかも道にくもの巣があり、とても歩きにくかった。10:20にようやく養鱒場の裏手にでた。思った以上に時間がかかっていることに気になり、さらに先へすすむ。

藤原岳を背に水田の中の平坦な道路を進んでいくが、平面的な道標を見誤り田んぼのあぜ道で道に迷い時間をロスした。農道や草のはえた道をくねくねと歩き、ようやく車が走る道にでて、一路、川原へとむかう。

ここでも何度か道に迷いながら、地図と地形をじっくり見比べ、なんとか藤原工業団地の入り口までたどりついた。11時を少しまわっていたので、1回目の昼食をとることにして、道端の公園で朝コンビニで買ったおにぎり5個のうちの2個を食べた。少しだけ荷物が軽くなり、出発した。

あいかわらず曇り空で蒸し暑かった。再び森のような木の生い茂った中をとおり川を渡ったところで、道に迷った。なんと通行止めの柵がしてあるところが東海自然歩道だった。柵を乗り越えて川ぞいの土手をすすんでいくとやがて車の通れる道になり、坂をのぼっていくと、中部電力変電所に向かう車道にでた。
通行止めの柵を乗越えて進む 中部電力変電所へ到着
三重県の県境の標識が出る 近くの東林寺にある白滝を見物

ここからだらだらとした登りが結構続き、ようやく川原へむかう広い道に出た。12時をすでにまわっていて、足取りも重く進み、なんとか川原へ到着。ここから山越えで本日の目的地、美濃津屋までガイドブックでは4時間半かかる。予定の到着時刻を大幅に遅れているのと、蒸し暑い気温を考え、本日はここまでで断念することにした。

バスの時間まで2時間以上もあったので、近くの東林寺にある白滝を見物にいき、再び川原バス停にもどった。

バス停で軽トラックから降りてきたおじさんに声をかけられ、バス待ちの間、おじさんの家で待たせてもらうことになった。木工館コンドウというこのあたりの「まちかど博物館」として登録されている部屋にあがらせてもらい、しばしこのあたりの町のはなしや山の話をお聞きした。   
  
次のバスまで2時間まち 水田が広がるのどかな集落

バスは終点までほとんど1人で、20分ほどで三岐鉄道北勢線阿下喜駅に到着した。ところがなんとここでも桑名行きの電車は数分前に出た後で、約1時間後しか次の電車がこない。

しかたなく桑名行きのバスにのり、1時間10分かかって桑名へむかった。なんとか17:27発の近鉄特急に間に合った。ホームで特急券を買っているあいだに、特急がホームに入ってきて、滑り込みセーフというあわただしさで、電車の人となった。
中川で特急を乗り継ぎ、自宅についたのは8時半をまわっていた。日帰りの限界を感じる1日だった。
阿下喜駅も無人駅だった 阿下喜駅前バスのりばにて

 Home | 本線ルート2−3 | Back | Next 本線ルート1 | 山野辺ルート | 鉄道 | 掲示板 
東海自然歩道ぶらり一人歩き>>本線ルート2〜3>>35.西藤原