2004.4.21更新 東海自然歩道ぶらり一人歩き
 Home | 本線ルート2−3 | Back | Next 本線ルート1 | 山野辺ルート | 鉄道 | 掲示板 
(本線ルート2) 29.甲賀の里 紫香楽宮跡〜伊勢廻寺〜柘植
紫香楽宮跡〜岩尾池〜伊勢廻寺〜余野公園〜柘植 26Km 7.5時間 45,965歩
紫香楽宮跡9:30〜隼人橋10:00〜岩尾池11:40〜大沢池11:55(昼食)
展望台休憩所12:30〜伊勢廻寺14:00〜天神社15:10〜余野公園16:20〜JR柘植駅17:05
<交通>  (往)千里中央7:23〜 新大阪7:43(390円)〜 JR貴生川(1620円)〜紫香楽宮跡9:34(SKR 390円)
(復) 柘植16:30〜 草津17:28〜 新大阪18:10(JR1620円)〜 千里中央(390円)



桜満開の季節になった。この週末は初夏を思わせるほどの快晴で気温も高くなるとの予報だった。今回はなんとか本線ルートを柘植まで踏破すべく、朝7時に家をでた。1月に自然歩道歩きを再開してから毎週必ずでかけていたが、先週は都合によって出かけず、結果的に休養となったので、午前中は足取りも軽かった。

大沢池から昭和池に至る峠から甲賀を一望する



東海道線草津で草津線に、草津線貴生川で信楽高原鉄道にのりかえ、前回の終着地点、信楽高原鉄道の紫香楽宮跡駅に到着したのは家を出てから2時間半たった9時半だった。無人駅を写真に収めて、いざ出発。

信楽高原鉄道(2両編成のディーゼルカー) 紫香楽宮跡駅(無人駅)
いきなり山道のアップダウン 隼人川河川遊歩道(工事中の第二名神)

いきなり登り坂が延々と続き、信楽の街がはるか下界に見えるようになっていった。山道のアップダウンを何回か繰り返したあと、第二名神高速道路の工事中の橋げたにどんどん近づいてきて、とうとうその工事現場に下っていく。

工事現場の端に東海自然道の迂回路が設けられていた。整備中の隼人川河川遊歩道が東海自然歩道となっており、しばらくいくとアスファルトで固められた出来立ての立派な道路が出現。なんとこれが「つめた谷林道」だった。

舗装道路を進むと急にアスファルトが途絶えていわゆる地道の林道となった。ゆるやかなのぼりが続き、峠とおぼしきところに道標がたっていた。ここからは一気に下り坂となってやがて、再び舗装された道路と合流し、どんどん下っていった。

林道とは思えない「つめた谷林道」入口 「つめた谷林道」出口にて
新田までひたすら下る 桜満開の岩尾池

まわりの山が途切れて、だだっ広いのどかな田んぼと集落にでた。ここが新田だった。ここから岩尾池までは集落の中の幹線道路を歩くことになる。

やがて満開の桜の木が映える池が現れた。ここが岩尾池だった。池のほとりを歩き、少し山の中をすすむと今度は、大沢池にでた。

天気は快晴で、池に山影が投影され、絶景だった。大沢池からさらに山道を上っていくが、12時近くになってきたので、堰堤で昼食をとることにした。

ここでガイドブックを見るとこの先が急なのぼりが続くと書いてあったので、昼食は半分だけにして、山道を登ることにした。10分ほどの登りで尾根に出て、少し行くと甲賀の里が一望に展望できる展望台休憩所に到着した。

絶景の大沢池 大沢池から昭和池に至る峠(展望地)
上磯尾にむかう途中の古い道標 滋賀県と三重県の県境を歩く

ここで残りの昼食を食べ、おもむろに下りはじめた。少し下ったところで、反対方向から登ってくる年配のご夫婦に会った。伊勢廻寺から歩き始めてこれから紫香楽宮跡まで行かれる予定とのこと。東海自然歩道の話がはずんた。

ご夫婦と別れてから多少ピッチを上げて伊勢廻寺めざして歩き始めた。途中、明王寺の駐車場の桜が満開だったが、カメラに収めただけで先を急いだ。

滋賀県と三重県の県境にでて車道を渡り、再び山道に入った。甲南フロンティアパークの造成地を左に見ながら進んでいくと、車の往来の多い車道を横切るところにでた。再びのどかな山里のあぜ道へ入りぐるっとまわって再び先ほどの車道に戻ってきた。しばらく行くとお寺があって、あっけなく伊勢廻寺に到着した。予定どおり2時だった。

伊勢廻寺も桜が満開 山道へはいって小さなアップダウンの繰返し
桜が見事な天神社 じりじりと照りつける太陽で足取りも重く

小休止し、余野公園めざして出発した。車道をしばらく進むが、じりじりと照りつける太陽で暑く、足取りもだんだん重たくなってきた。ここから山道へ入り少し登ったり、落ち葉が敷き詰められた道をさくさくと進んでいくが、とにかく単調な道が延々と続いた。

ときどき車道にでて、また山道へはいって小さなアップダウンの繰り返しだった。道標の柘植駅まで11キロから8キロを割るところまでがとにかく長かった。ようやく右手にゴルフ場がでてきて、遠くに電車の音も聞こえ出し、線路を隔てた向こうに余野公園が出現した。

ところが、線路を渡るために車道の高架橋まで行かなければならず、引きずるような足どりでようやく余野公園の広場に到着。

余野公園に展示のD51 余野公園出口の桜並木

芝生で休憩してから、展示されているD51蒸気機関車を見学し、出発した。16:30だった。ここから柘植までは2.5Kmの道標。順調に行けば17時過ぎには到着できそうだ。ようやく涼しくなってきたのと、アップダウンのない田舎道で、ペースアップし、なんとか17:10の草津行き出発5分前に駅舎へ到着。長い1日が終わった。

次回からはいよいよ本線ルートPart3で関が原をめざすことになる。


 Home | 本線ルート2−3 | Back | Next 本線ルート1 | 山野辺ルート | 鉄道 | 掲示板 
東海自然歩道ぶらり一人歩き>>本線ルート2〜3>>29.甲賀の里