2003.3.19更新 東海自然歩道ぶらり一人歩き
 Home本線1BackNext 山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道路線バス 
(本線ルート1) 11.滋賀里・大津京 比叡山〜大津
比叡山バスターミナル〜夢見ヶ丘〜近江神宮〜三井寺〜大津 14Km 6時間 32,068歩
比叡山バスターミナル10:30〜弁天堂11:30〜夢見ヶ丘12:30(昼食)13:00〜
近江神宮14:10〜三井寺15:00〜琵琶湖疎水15:40〜JR大津16:10
<交通> (往) 千里中央7:55 〜 新大阪8:19(320円)〜 JR京都8:45(580円)〜 比叡山(京阪バス750円)
  (復)  JR大津16:22 〜 新大阪16:40(950円) 〜 千里中央17:00(320円)


二週間ぶりに東海自然歩道・比叡山の下りと大津京へでかけた。当日の天気予報は午後から下り坂。なるべく早く山を下るつもりででかけたはずだった。JR京都駅についてみると乗るはずの8:50のバスが日曜日しかなく、9:10まで20分間もバス停で時間まち。ようやく乗った比叡山ドライブウェイ山頂行きバスは6割くらいの座席を埋めて出発した。河原町、三条京阪、出町柳と主要駅に寄りながらようやく山中越えへ。対向車が来るたびに減速、停止しながらのろのろと山を登っていく。ドライブウェイに入ると天気もまずまずで、琵琶湖畔やかすみがかかった湖東の山並みがバスの窓からよく見えた。

夢見ヶ丘より大津市内をのぞむ



さすがに山頂近くは温度が低く、肌寒かった。前回完成していたスタンプラリーの賞品引き換えのためにドライブウェイ事務所に立ち寄り、比叡山の絵皿をゲット。根本中堂を階段の途中から写真に収めて、ケーブル駅へ向かう。このあたりまでは観光客が多かったが、ケーブル駅を越えて明王堂に向かう山道には人影もなく、ところどころ黄色に色づいた木々を見ながら緩やかな下り坂を軽快に進んでいった。途中、弁天堂へ向かう鳥居が並んだ分岐点があったが、弁天堂へは立ち寄らず先へ進むことにして、明王堂へと向かった。
比叡山バスターミナル 根本中堂

明王堂を過ぎて、大乗院まではよかったが、ここからいきなり整備されていない山道をどんどん下っていく。やがてケーブルカーの音が近くに聞こえてきた。地図をとりだしたところ、なんとケーブルカーに沿った山道を下っていたのだ。今まで下った急坂を引き返し、明王堂までもどり、弁天堂へと向かう。すでに11:30をまわっていた。もうすぐ昼だというのに、まだコースのほんのはじめのところをうろうろしていたのだ。

整備された道をどんどん下っていく ようやく弁天堂へ到着

弁天堂から先は少し登りがつづき、やがて下りに。ときたま人と出会いながら、軽快に下りつづける。やがて、ドライブウェイに出て、再び山の中へ。木の下り階段が延々と続き、最後は木で作った下り坂に。坂を下ったところで川にでて、逆に山を登っていく。鉄塔があらわれ、ドライブウェイの夢見が丘の展望台へ到着。眼下に広がる琵琶湖畔を見ながら昼食休憩。湖畔の遥か先にビルが立ち並んでいるところが今日の目的地、大津だ。

夢見ヶ丘からの下り口 滋賀の大仏

弁当、お茶がなくなった分、軽くなったリュックを背に、本格的な下りに入る。山道が続くかと思っていたが、少しいくとだんだん道幅が広がっていく。堰堤がいくつか続き、やがて宗福寺跡へ。このあたりからは車が通れるくらいの道幅に。滋賀の大仏、百穴古墳群を見ながら先へ進むと舗装道路になり、民家が現れ、滋賀里に到着。あっけない下りだった。

あっけなく滋賀里まで下る 七五三でにぎわう近江神宮

ここからは、のどかな田舎の街中を、時々出くわす観光案内地図で確認しながら進む。七五三まいりの家族で賑わう近江神宮にでた。境内をぬけ、駐車場を抜け、保育園の門の横の細い路地を行くと、指導標があり、皇子が丘公園へとむかう。国道161号線の高架下の道路にある歩道を歩き、交通公園の中を突き進むとそこが皇子が丘公園だった。公園の側道を進んでいくとユースホステルの跡地がありテニスコートを右に見ながらペースをあげていく。自然の道・歴史の道の観光案内図をたよりに法明院への矢印にそって山道へ入っていく。やがて法明院の階段の前にでた。ここからいきなり街中とは思えないほどのさびしい山道になった。どんよりとした曇り空になってきて、いつ雨がふってもおかしくない天気に。

三井寺山門前 三井の晩鐘

そうこうしているうちに三井寺に到着。拝観料500円を払って、境内へ。思った以上に広々として、見所がたくさんあった。三井の晩鐘、弁慶の釣鐘、三重の塔などひととおり見て歩くのに30分以上はかかった。
三井寺を後にし、琵琶湖疎水を渡り、一路大津へと向かった。次回の音羽山の分岐点をしっかり確認して、京阪電車京津線をわたり駅前商店街を抜けると、目的地JR大津駅だった。
幸い雨も降らずなんとか予定していたコースを追えて帰路についた。新快速であっという間に大阪まで戻ってきた。

琵琶湖疎水 次回の音羽山登山口

 Home本線1BackNext 山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道路線バス 
東海自然歩道ぶらり一人歩き>>本線ルート1>>11.滋賀里・大津京