2003.3.20更新 東海自然歩道ぶらり一人歩き
 Home本線1BackNext 山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道路線バス 
(本線ルート1) 7.鷹ガ峯 高雄〜鷹ガ峯(〜金閣寺)
高雄〜菩提滝〜鷹ガ峯 11Km 4.5時間
山城高雄バス停10:30〜高山寺10:50〜菩提寺11:50〜菩提滝12:20〜光悦寺13:40〜鷹ガ峯14:20〜金閣寺14:40
<交通> (往) 阪急豊中9:00 〜 阪急四条大宮9:45(阪急390円) 〜 山城高雄(JRバス500円)
   (復) 竜安寺 16:30 〜 三条京阪 16:20(京都市バス220円)〜 淀屋橋(京阪400円)


2週連続宴会の金曜日の翌朝、快晴の土曜日、二日酔いの体に鞭打ってでかけることにした。いよいよ高雄から京都の中心部にはいるコースとなり、時間があれば金閣寺、竜安寺まで足をのばすプランで出かけた。

北山杉をながめながら国道沿いを歩く



今日は四条大宮からバスに揺られること40分、先週の終着地点、山城高雄バス停に到着した。道路沿いの店先横の階段を下りて、清滝川にでる。誰も居ない川沿いの道をしばらくいくと、西明寺参道の赤い橋にでくわす。

高雄バス停から清滝川へ降りる 西明寺山門

まずは、西明寺参拝。山門前の紅葉はうっすらと紅葉をはじめていた。境内をざっとながめて写真に収め、階段を下ってもとの川沿いの道へ。しばらくいくとさきほどバスから降りた国道162号線へでた。歩道のない国道を後ろから来る車を気にしながらしばらく歩くと、高山寺参道に。ここも有名らしいので、立ち寄ることに。なんと境内は静まり返った森に包まれていた。ぽつりぽつりと参拝者がいたが、森の木漏れ陽を浴びながら本堂に向かう。境内を一通り歩くのに結構時間をとられたが、再び国道へ戻る。

高山寺本堂 栂尾バス停前

みやげ物やがならぶバス停栂尾を後にし、まっすぐにのびる北山杉を左右の山にみながら、ひたすら国道を歩きつづけること1時間。中川のトンネルの手前を右に旧道へ折れる。すぐに旧道から別れて、細い山道へ。ここで標識を見誤り、反対方向へ歩くこと10分。方向がどう考えてもおかしいことに気づき、Uターン。菩提川沿いを菩提の滝めざして、約20分。ようやく菩提の滝へ到着。このあたり一体、クマに注意の看板がやけにめだち、気になりながらも、菩提の滝で昼食をとる。

菩提寺で国道と別れる クマに注意の看板(菩提滝付近)

誰一人あわない車1台がなんとか通れるくらいの細い山道をとぼとぼと歩く。とうとう車が通れない山道となり、ここからは下りがつづく。ますますクマの看板が気になり、早足で山道を駆け下りると、ようやく民家があらわれる。あとはひたすら川沿いに下っていくと鷹ガ峯へ到着した。傾斜21度の登り坂を登っていくと、光悦寺に到着した。今日の終点も近いので、光悦寺、源光庵とゆっくり見学し、鷹ガ峯バス停へ14:20到着した。

北山杉の中を 光悦寺
源光庵 鷹ガ峯バス停

ガイドブックに従い、アフターハイクで金閣寺へと向かう。街中を20分歩くとようやく金閣寺へ到着。金閣寺はこれまでの寺院とはちがい、さすがに観光客が大勢いて、ぞろぞろ歩くという感じだった。写真だけを写してそそくさと、後にした。せっかく来たので、バスで竜安寺へ向かうことにした。

金閣寺 竜安寺石庭

わずかバス停3つしかないが、バスに揺られて竜安寺前で降りる。石庭をみたあと、境内を歩き、バスで京阪三条へ向かい、同窓会待ち合わせ場所である道頓堀へと向かった。


 Home本線1BackNext 山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道路線バス 
東海自然歩道ぶらり一人歩き>>本線ルート1>>7.鷹ガ峯