2003.3.19更新 東海自然歩道ぶらり一人歩き
 Home本線1BackNext 山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道路線バス 
(本線ルート1) 6.清滝 嵐山〜高雄
嵐山〜嵯峨野〜清滝〜高雄 13Km 4.5時間
阪急嵐山10:20〜常寂光寺11:10〜仏野念仏寺11:40〜落合橋13:30〜清滝13:50〜神護寺14:40〜山城高雄15:10
<交通>     (往) 阪急豊中9:30 〜 阪急嵐山9:40(阪急390円)
   (復) 山城高雄 15:30 〜 四条大宮 16:20(JRバス500円)〜 阪急豊中(450円)


朝起きると久しぶりの快晴。9時に家をでて嵐山をめざした。今回は、嵯峨野の観光と自然散策路、最後は紅葉の名所と見所が満載のコース。

昼間でも太陽をさえぎり、うっそうと茂る竹林の小道(嵯峨野にて)


渡月橋 亀山公園へ到着

渡月橋をわたり桂川ぞいに少し歩くと亀山公園にでた。東海自然歩道の案内版をたよりに公園を抜けるといかにもここが嵯峨野、といわんばかりの竹林の小道に出くわした。
昼間でも太陽をさえぎり、うっそうと茂った竹林の小道で修学旅行生とおぼしきグループにでくわした。しばらくいくとトロッコ鉄道の嵐山駅に到着した。いよいよここから嵯峨野散策路にはいる。

トロッコ鉄道の嵐山駅 常寂光寺

常寂光寺に立ち寄りひととおり参拝、見学したあと、のどかな小道を歩く。二尊院、祇王寺には立ち寄らず、仏野念仏寺をめざす。途中に湯豆腐の茶房がいくつもあり、坂道の両側にいかにも京都という風情のみやげ物屋がならんだ先に、仏野念仏寺の入り口があった。

鳥居本へむかう散策路 仏野念仏寺

土曜日の午前中のせいかほとんど訪れている人もなく、秋晴れのなか静かなひとときだった。仏野念仏寺をあとにしてしばらく歩くと鳥居本に到着。ここで時計は12時をさしていた。
今回のルートは観光地を中心にしているため食堂をさがす。風情のある鮎茶屋に入ってみたが、なんと5000円のコース料理のみとのこと。結局、湯豆腐の茶房のとおりまでかなり引き返し、1800円の昼の定食にありつく。

鳥居本にある鮎茶屋 昼食の湯豆腐定食
保津峡を望む 清滝川の渓流沿いの小路

13時前に出発し、ここから清滝、高雄をめざす。観光地から一転して山道に入る。急激な登り坂をのぼっていくと六丁峠についた。
ここから一気に保津川まで下っていく。途中に保津川渓谷を一望できる場所があり、たちどまってシャッターを切った。延々と下ること30分。遠くに見えていた川の河原に到着。
道標に従い、渓谷にそって小道を登っていく。ところどころに河原があったが、足を滑らすと川に転落しそうな岩場をどんどんと歩いていく。さわやかな風が吹いていて、暑くもなくここちよいハイキング道がつづいた。

もみじの名所・神護寺 山城高雄バス停付近

やがて清滝にでた。しばらくいくと愛宕神社登山口の鳥居があった。さらに川沿いに歩くこと1時間で今回の目的地、高雄に到着した。途中北山杉の林あり、植えたばかりの杉あり、ようやく3mくらいにのびた杉の植林あり、で歩いていても飽きない道だった。
高雄山ホテルの横から神護寺へ登る階段がつづいていた。道標では10分と記されていたため、階段を上り始めたが、これがけっこうきつかった。今日はじめての本格的な登りがつづき、ようやく山門に到着。

境内は相当広かった。人影もまばらでどこを写しても絵になる建物。山城高雄のバス停めざしてもときた階段を下っていった。紅葉の名所というだけあって新緑の紅葉が青空に映えてとてもきれいだった。
今度は紅葉のときにぜひとも訪れたいと思いながら、高雄を後にした。JRバスに揺られること50分で四条大宮へ到着。阪急電車に乗って帰路についた。


 Home本線1BackNext 山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道路線バス 
東海自然歩道ぶらり一人歩き>>本線ルート1>>6.清滝