2003.3.8更新 東海自然歩道ぶらり一人歩き
 Home本線1BackNext 山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道路線バス 
(本線ルート1) 5.嵐山 南春日町〜嵐山
南春日町〜国道沓掛〜嵐山 13Km 4時間
南春日町10:00〜大原野神社10:30〜花の寺10:40〜国道沓掛11:45〜地蔵院12:45〜松尾大社13:40〜嵐山14:30
<交通>     (往) 阪急豊中8:50 〜 阪急東向日9:45(阪急390円) 〜 南春日町バス停10:00(阪急バス270円)
   (復) 阪急嵐山 14:50 〜 阪急梅田 15:07(阪急390円)〜 千里中央(350円)


前日の土曜日は朝こそ曇っていたが、昼前から降り出した雨が結局1日中降り続いた。おりから接近してきた台風の進路が気になっていたが、なんとか関西上陸はなく、日曜日目がさめるとどんよりとした曇り空。それでも天気はもちこたえそうだったため嵐山行きを敢行することにした。

静かなたたずまいの地蔵院(竹の寺)にて


南春日町バス停から出発 正法寺へ到着

今回は阪急京都線東向日から阪急バスで前回の終着点「南春日町」をめざすことにした。このバスは1時間に1本。なんとか間に合うようあわてて家をでた。
南春日町終点では、人目でそれとわかる中高年の山歩きグループと一緒に降りた。まずは、大原野神社をめざして歩き出す。のどかな田園風景の中を少し歩くと正法寺に着く。せっかくなので参拝のために立ち寄り、庭園を眺めることにした。

正法寺の庭園より大原野を望む 大原野神社

すぐ向かいに大原野神社の鳥居が目に入った。神社の境内を進んでいくと、「花の寺近道」の道標があった。神社参拝のあと、花の寺「勝持寺」をめざして山道を少しだけ歩く。山門を入ると拝観料400円を払って中に入る。紅葉や桜の季節にはさぞ風情があると思える庭園やお寺の鐘のある境内をカメラに写し、お寺を後にする。

勝持寺(花の寺) 西行桜と鐘楼堂

ぽつぽつと雨が降ってきた。ただひたすら国道9号線の沓掛をめざして田んぼの中のアスファルトの道を歩く。歩道もなく、車の往来も多く、歩きにくい道が続いたが、1時間くらい歩くとようやく9号線に出くわす。ここからさらにアスファルトの車の往来の道をひたすら歩く。今日の行程はとにかく車道ばかり。曇り空で、しかも2−3日前と比べると急激に気温が低くなったのが幸いだった。一時は国道9号線と合流して歩道を歩く。自然歩道とはいい難いコース。

R9国道沓掛交差点 旧家の街並みが残る
地蔵院(竹の寺) 本堂

1時間くらい歩くとようやく古い町並みの中に入りほっとする。竹の寺「地蔵院」の前に到着し、立ち寄ることにした。500円の拝観料を払って中に入る。小雨がぱらついてきた。ここで昼食をとり、今は拝観できない苔寺の前をカメラにおさめ、松尾大社を経て嵐山、渡月橋に到着。さすがに観光客が多かった。河原ではTVのロケをしているのか黒山の人だかり。近づくと神田正規と片平なぎさがドラマの撮影中だった。

松尾大社 阪急嵐山駅

嵐山界隈をふらっと歩いて、今日の目的地、阪急嵐山駅に到着。今回はここで終わりとし、阪急電車にのって帰路についた。


 Home本線1BackNext 山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道路線バス 
東海自然歩道ぶらり一人歩き>>本線ルート1>>5.嵐山