2003.3.8更新 東海自然歩道ぶらり一人歩き
 Home本線1BackNext 山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道路線バス 
(本線ルート1) 4.ポンポン山 上ノ口〜南春日町
上ノ口〜ポンポン山〜南春日町 15Km 5時間
上ノ口9:45〜神峰山寺10:15〜本山寺11:20〜ポンポン山12:15〜金蔵寺13:45〜南春日町14:45
<交通>     (往) 千里中央9:10 〜 JR新大阪9:40 〜 JR高槻駅北口(JR250円)9:25 〜 上ノ口9:40(高槻市営バス210円)
   (復) 南春日町停留所 14:50 〜 桂駅西口 14:45(京都市営バス400円)〜 阪急豊中(阪急390円)


3連休の中日、2ヶ月ぶりに出かけることにした。8月末から9月に入っても残暑厳しい毎日が続いていたが、幸い比較的涼しい1日だった。特に山道やポンポン山山頂は自然のクーラーが効いているみたいで、心地よかった。家族連れや中高年のグループとたくさん出会った。

大原野の田園風景


上ノ口バス停から出発 神峰山寺へ向う道

高槻駅北口からバスに揺られること20分余り。摂津峡の入り口、上ノ口へ到着。ポンポン山まで8.3Kmの立て札。神峰山寺口のお地蔵さんを横目にひたすら舗装された緩やかな登りを歩く。ほどなく、駐車場があり東海自然歩道の看板にしたがって、山道へ。一旦下って川をわたり、再び上って、結局もとの舗装された道へもどったところが、神峰山寺の山門前。神峰山寺境内へ立ち寄り、小休止。

東海自然歩道の案内 神峰山寺山門

いざ、ポンポン山めざして出発。あいかわらず道は舗装された緩やかな登りで、時おり車が通る。だんだんと登りがきつくなり、ゆっくりゆっくり蛇行しながら登ること1時間。ようやく本山寺への分岐に到達。

山門への山道を下り、階段を上ると本堂に。清めの水がとても冷たく、疲れを癒してくれた。本堂ではお経の声がながれ、なにやら大勢の人が座って聞いている様子。

本山寺山門 本堂

本堂の横からポンポン山へ通じる山道が続いており、ポンポン山まで3.7Kmの立て札。ここからは尾根伝いでたいしたのぼりもなく、木漏れ陽のなかを気持ちよくすすむ。
空腹にも絶えながらようやく山頂へ到着。12:20になっていた。さすがに疲れた。昼食と休憩を30分とり、12:45に出発。

山頂への最後の登り ポンポン山・山頂
山頂からの尾根道 鉄塔の分岐点

杉谷集落まで山道がつづき、下界に下りてくるほど気温が高くなってくる。30分くらいで再び舗装道路にでる。右は善峰寺、左は金蔵寺の道標。金蔵寺を目指してひたすら歩く。時おり自動車が通る以外誰も通らない。午後の日差しがきびしくタオルを頭にまいてとぼとぼと歩く。朝買ったペットボトルのお茶も残りわずか。久しぶりの山歩きで足の裏も痛く、1時間ほどで金蔵寺へ。

賽銭箱に拝観料100円を入れて境内で小休止後、再び出発。山道を下ること1時間、竹林やのどかな田園風景の中の舗装道路をゆっくり歩く。ようやく酒屋さんの店先に自動販売機を発見。よく冷えたお茶を飲みながら、バス停を探す。できればもう少し先まで行きたかったが、足の裏の痛みと暑さで、本日は南春日町で終わりにする。

新緑に映える金蔵寺 南春日町バス停

南春日町バス停から阪急桂駅行きのバスに乗り、帰路へと向かった。このあたりは大原野と呼ばれ、ハイキングには人気の場所らしい。次回は、花の寺とよばれている勝持寺、大原野神社から出発して、苔寺、松尾神社から嵐山までのコース。来週にでも出かけたいと思いながら電車に揺られて帰ってきた。

 Home本線1BackNext 山野辺本線2−3本線4恵那本線5本線6静岡BP鉄道路線バス 
東海自然歩道ぶらり一人歩き>>本線ルート1>>4.ポンポン山